Hello world

世界のみなさん。はじめまして、お久しぶりです。当時「かじこ」を運営した管理人の蛇谷、三宅、小森です。「かじこ」は、岡山県岡山市にて古民家を活用した108日間(2010年7月16日〜10月31日)実施されたアートスペースです。「かじこ」が終わってすぐに、記録本をつくろうと、編集会議に入ったものの、どこまでを「かじこ」としてまとめたらいいのかが線引きが難しく、躊躇しながら、ようやくこの本が完成しました。

「かじこ」をまとめるには、7月16日〜10月31日までの出来事だけを記載しても何かがこぼれ落ちてしまう気がしました。だけど、「かじこ」にまつわる資料が入った段ボールを全部ひっくり返してまとめてみても、3年前の感覚に戻ることはできないってこともわかりしました。だから、今の2013年の私たちの立場から、3年前のかじこを振り返り、3年分の上書きすることにしました。私たちだけでなく、かじこに訪れた参加者の方々にも3年前に振り返ってもらい当時の日記を書いてもらいました。「嘘を書くようでなんか不思議」という声もありました。でも、たぶん。曖昧な記憶や思い出かもしれないけれど、当時のことだけが本当ではなくて、過去を振り返る今の思いも、当時につながって本当のことになるんじゃないかなと思います。

この本を読んで、3年前のかじこに思いを馳せていただきつつ、ご自身の身の回りで現在起こっている「かじこ」的な現象についても、深く考えるものになれば幸いです。私たちは「かじこ」にこだわっているわけではありません。「かじこ」はもう姿形はないけれど、言葉や情報となって、あなたの元にずっと新鮮に描かれますように。

2013年7月
かじこ管理人(蛇谷りえ、三宅航太郎、小森真樹)

  • 三宅航太郎、蛇谷りえ、小森真樹
  • 2013 三宅航太郎、蛇谷りえ、小森真樹
三宅 航太郎|MIYAKE Kotaro
1982年岡山市生まれ。自己をその場に介在させながら、場所や環境、他者とチューニングするかのように、その時々でメディアを変えながら実践を行っている。2011年2月より鳥取県へ移住。池の畔の元漁師小屋を改装した「うかぶ」に暮らし、蛇谷りえと「うかぶLLC」を立ち上げ、2012年10月に「たみ」を開業。
tamitottori.com
ukabullc.com
蛇谷りえ|JATANI Rie
1984年大阪生まれ。自身を取り巻く社会環境の中で、表現・メディア媒体を介した企画・マネジメント・制作を仕事とする。2012年に「うかぶLLC」を三宅航太郎と共同で設立し、鳥取県東伯郡湯梨浜町にて複合型の滞在スペース「たみ」を開業。その他、県内外でのアートプロジェクトの企画やマネジメントを務める。
小森 真樹|KOMORI Masaki
1982年、岡山県生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程在籍。専門はアメリカ研究、芸術社会学およびミュージアム・スタディーズ。ミュージアムや雑誌など広義の「メディア」の分析から日米両国における芸術観・科学観を研究。論文に、「『劇場』としてのデパート美術館」(2011)、「アメリカ合衆国における創造博物館の科学・娯楽・政治学」(2013)など。

MOVIE

かじことは

ゲストもホストも、アートもカルチャーも全部。
みんなで舵をとりながら「生活」をした場所。

「かじこ」は、 2010年に岡山県岡山市にて古民家を活用した108日間(3ヶ月半)実施されたアートスペースです。誰もが宿泊でき、宿泊者がイベントを開けば“1000円引き”になる仕組みやアーティスト・イン・レジデンスなど、“みんなでかじこをつくろう”をコンセプトに、さまざまな機能を組み込みました。108日間、岡山県内外からのべ340名の宿泊者が訪れ、約800名の来訪者が「かじこ」に集まり交流し、生活をしました。

かじこウェブサイト:http://kajico.ukabullc.com/

CONTENTS

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

KAJICO BOOK

「Records」と「Diaries」二つの角度からの「記録」

「かじこ」のプロジェクトを記録したこの本は、「Records」と「Diaries」の二つから構成されています。
作り手だけでなく、かじこに関わる人々が「かじこ」を語り、描きだしています。(140ページ/カラー)

Records

★「かじこ」のシステム大公開
―「滞在する」「企画する」「制作・展示する」「開放する」など、
「かじこ」をつくるシステムを集約。
★管理人3名と寄稿者4名によるエッセイ
―さまざまな視点から「かじこ」を語る。
 明石 健治 靴を脱いで公的な空間に入ること、または私的な空間は
どこまで伸びているのかということ
 竹久 侑 「かじこ」、その秘めたる正体
 光岡 寿郎 「何か」ではないこと、「何か」に囲い込まないこと
 岸井 大輔 担い、鑑賞する
 蛇谷 りえ かじこが、絶対の絶対に終わらない理由
 三宅 航太郎 ライブハウス
 小森 真樹 かじこの夢/日記

Diaries

★「かじこ」の来訪者による108日間の日記
―来訪者のご協力により、プロジェクト終了後に書き下ろした
2010年7月16日〜10月31日までの日記を掲載。

読者からのコメント

みなさんのご感想をお待ちしています。

読書感想文を“読む” »

読書感想文を“書く” »

ONLINE SHOP

かじこの本を買う

かじこの本は、専用のオンラインショップにてご注文を受け付けております。1冊からの少数単位でご注文を希望される方は こちらからお申込みください。

『かじこ――旅する場所の108日間の記録』
編著:かじこ管理人(蛇谷りえ、三宅航太郎、小森真樹)
定価1,000円(税込・送料別)、自費出版/英訳付き

『かじこの書籍』購入 »

かじこの卸パックを買う

かじこの卸パックは、小さなお店でもはじめられる、
5冊1セット4,000円(税込)の販売者向け購入プランです。
自分のお店、近所のフリマ、オフィスの机の端っこで。

  1. kajico.stores.jpで「かじこの卸パック(5冊1セット)」を買う。
  2. かじこの本を並べる。
  3. あなただけの、小さなお店のできあがり。

『かじこの卸パック』購入 »